更年期障害をマカや高麗人参などで改善!

40歳を過ぎると出始める「更年期障害」による不調。
症状の差はあれど、多くの女性が何らかのトラブルを感じています。
年齢のせいだから仕方ない…と諦めてしまうと、あとは老け込むばかり!
更年期障害の症状におすすめの生薬や漢方薬が多数ありますので、まずはサプリメントではじめてみませんか?

更年期障害ってなに?具体的な症状とは

女性にとって、更年期はつらい時期です。いろいろな症状があり、個人差がとても大きい。強弱の差があるのが特徴です。ここでは更年期とはなにか、どんな症状があるかを、簡単にまとめました。参考にしてくださいね。

更年期は約10年

更年期は、閉経をはさんだ前後10年をいいます。女性の多くは50歳前後に閉経を迎えますから、45~55歳くらいが更年期ですね。女性の卵巣機能は、40歳を過ぎたころから、少しずつ衰えていきます。更年期になると機能低下が一気に進み、卵巣から分泌されるエストロゲンが減少します。そのため全身のホルモンバランスが崩れ、自律神経に乱れが起きます。

更年期というのは、ホルモンバランスの乱れが原因です。そのため自律神経失調症のような症状がでるのです。

こんな身体症状が

更年期障害として一番よくいわれるのは、のぼせやほてり、発汗、冷え、動悸などで、自律神経失調症ととてもよく似ています。息苦しさや胸の痛みが出ることもあり、疲労感や頭痛、肩こり、めまいを訴える人が多いですね。

ほかにも腰痛や関節痛、手のこわばりなどが見られます。消化器関係の症状も多く、便秘や下痢、食欲不振に加えて、吐き気もあります。排尿障害や頻尿が起きることもあり、意外なものでは、皮膚の乾燥やアリが這っているようなピリピリした感じ(蟻走感)のある人もいます。

こんな精神的な症状も

更年期障害には、精神的なことも大きく影響します。更年期障害の原因は大きく分けて三つあり、ホルモンバランスの変化+本人の性格などの心理的要因+社会環境(人間関係や家族のストレス)です。原因のうちふたつがメンタル的なものですから、更年期障害で精神的な症状が出ることは当たり前なのです。

よくあるのが、イライラや抑うつ気分が強くなること。さらに何もする気がなくなる人(意欲低下)や、原因もなく不安感が増す人もいますね。それまで、まったくそういうタイプでなかったのに、急に涙もろくなったり、情緒不安定になったりすることもあります。

まとめ いずれおさまります

これらの症状は更年期障害がもたらすものであって、本人に責任があるものではありません。また永遠に続くものではなく、長い人で10年間続きます。どんな女性にも多少は出てくる症状ですからあまり深刻に考えず、いつかは終わる、と大きく構えておきましょう。

これが更年期対策 4カ条です!

更年期症状は長く続きます。個人差が大きいのですが、ほとんどの女性が年単位で更年期症状を感じています。軽くなったり症状が無くなったりを繰り返すので、本人はとてもつらいです。しかし、ちょっとした心がけで楽になりますから、ぜひお試しください。

1.つらいときは、仕事も家事もいい加減に

更年期症状は、まじめな人ほど強く出ます。責任感が強く、人に頼るのが苦手なタイプですね。がんばり屋さんでまじめ、というのは女性によくあるタイプで、更年期症状が出ると本人は非常に苦しみます。なぜなら、これまでの人生でたいていの難関は気合とがんばりで乗り切れたのに、更年期症状はがんばればがんばるほど、つらくなるからです。

自分がやらなくても誰かがやる、くらいの気持ちで、ほどほどに暮らしましょう。

2.食事をしっかりとる

更年期症状がメンタル面で強く出る人は、うつに似た症状がでることもあります。やる気がなくなり、気分が落ち込む。こうなると食欲どころではありません。しかし食べれば食べるほど、体は楽になります。しんどいなと思ったら、頑張って食べましょう。

とくに高栄養なものを食べる必要はありません。ふつうの和食がいいですね。煮物や肉・魚がしっかりとれるなら、市販のお弁当でもかまわないんですよ。最近のお弁当は栄養バランスに配慮してあるものも多いです。

時には漢方薬やサプリメントも使いましょう。冷え改善の為の生姜や、婦人系トラブルに強いマカ、高麗人参、大豆イソフラボンは続けて飲むと症状が改善するようです。

3.冷やさない

女性にとって冷えは大敵です。冷えから血流が悪くなり、卵巣の機能がもっと衰えるからです。夏でも靴下をはく、極端な薄着はしない、シャワーばかりでなく15分以上は湯船につかる、適度な運動をして汗をかく(体から冷気をおいだす)などが大事ですね。

冷たい飲み物も、おすすめしません。夏でも温かい飲み物を飲む、なんてことも大事です。とにかく冷えは大敵。とくに下半身は絶対に冷やさないようにしましょう。

4.タバコはダメ

やめられないもののうち、タバコと飲酒は依存度が高いといいます。特にタバコは百害あって一利なし。続けていても何のメリットもない嗜好品です。喫煙によって、卵巣の寿命は10年も短くなるといわれます。やめられない、やめたくないのはわかりますが、更年期症状よりは禁煙のほうが楽なはず。お肌にも体にもよくないので、この機会にすっぱりやめましょう。

一度はやってみて

決してむずかしくないことばかりですが、意外と効果がある4カ条です。更年期をのりきるためにも、ぜひ活用してくださいね。